フジワライター【社畜からフリーランス】

エリートサラリーマンのつもりが、社畜になっていたことを悟り、なんとか脱出。42歳専業ライターが自由に生きるためのTIPSを発信します

エリートサラリーマンのつもりが、社畜になっていたことを悟り、なんとか脱出。

42歳専業ライターが自由に生きるためのTIPSを発信します

会社の中で気づかない罠 こうしてずっと社畜するの?

こんにちは! ふじわらいたー です。

私は40代前半にして、資格や特殊技能があるわけでもなく、フリーランスになることを決意しました。自分が社畜だと気づかずに、約20年社畜人生を送ってきてしまったのです。

 

社畜だと気づけていたらもっと早くに人生の方向転換を探っていたかもしれません。

そして40代になって、サラリーマンとしてそこそこの収入が減る、なくなるかもしれないという「リスク」におびえていました。

 

扶養家族3名と残り25年の住宅ローンは、よくある足かせです。それでも長く勤めた会社の居心地が急速に悪くなってくれたおかがで、脱出を決心できました。

 

まさか自分が「ゆでガエル」だったなんて…

このブログは、私、ふじわらいたーのようになんとなく就職した会社で、可もなく不可もない社会人生活を続け、自分が使えない人材にならないように気を付けていたのに、動けなくなってしまったそんな中年社会人のために始めたものです。

 

気が付けば

  • 活きのいい若手も出てきた
  • 気に入らない奴ほど出世する
  • SNSで脚光を浴びているフリーランスは20代ばかり
  • 今さら「自分の市場価値」など知りたくもない

など八方塞がり(笑)の状況に抗っていきましょう。

 

ただ八方塞がりよりもさらに恐ろしいのは、そうした環境の変化に気づかないでいること。まさに「ゆでガエル」の例え話に出てくる、熱湯だったら気が付いたのに、浸かっていた湯がじわじわと熱せられていることに気付かずいつの間にか茹でられてしまっているというあの状態。

 

まさに、ふじわらはこれでした。「社畜」だと気づけなかったのです。

今回はその理由をご紹介します。1つでも思い当たる方は、ふじわらの同志です。こんなポンコツでも、人生をリスタートしようと思ったということで何かの参考になれば嬉しいです。

 

ずばり言ってしまえば自分のせいなのですが、そこには巧みな「気づかせない社会の罠」があったのです。あなたはこうした罠を見抜けていますか?

罠①・ハードワークこそ美しい?

20代、30代前半まで終電で帰る日々を繰り返していました。働き方改革という言葉が出てくる前の話で、給料を多くもらうからには、業績を伸ばすためには、出世するためには、「普通の人より多く働くのが当たり前」という思い込みがありました。

 

ハードワークは美しい。成果を出すことが最優先と言いながら、ちょっと無理めのノルマを課せられると、ハードワークする姿を見せることで未達成をごまかしていたのでしょう。今からすれば、なんという浪費。なんというムダ。泣けてきます。

 

このハードワーク、長時間労働は上司に強要されていたわけではありません。もし強制だったら先に違和感を覚えていたかもしれませんが、そうではなく自ら望んで長時間労働をしていた節があります。なぜか。

 

それが当たり前の環境にいたからです。今、私は現在の勤務先に退職を願い出たこともあって、ほぼ残業はしません。遅ればせながら、弊社にも働き方改革が広がり、くそみたいな長時間労働は減りました。(それでもまだ居ますけど)

 

これも周りの環境が変わってきたから、私の残業も減ったのだと思います。とかく、凡人は環境に左右されます。だから「呪縛」は恐ろしいのです。

 

罠②・やりがいという名の搾取

やりがいがある仕事だ、やる気に満ちた人材がいる組織だとうたっている会社は結構多いのではないでしょうか。カリスマ経営者、バリバリの営業会社、体育会系っぽいノリなどにピンとくる人は要注意です。

 

ちなみに私の勤務先は全部揃っている三冠王みたいな会社でした(苦笑)

 

業績がある程度いいこともあって、経営者は「自分たちはかつてないほどのすごい集団なんだ」と事あるごとに嘯いていました。そして、能力とともに意欲の高い人材の集まりであるとも。完全に井の中の蛙ですよね。

 

ですが、長時間労働が前提となっていることに加えて、営業先との接待が禁止だったことで、社外の人との交流がきわめて限られた環境だったのです。

 

そのために自分の特殊性、異常性に気付くことはなく、また能力と意欲の高い人材だと言い聞かされているため、会社に反発することも思いつかなかったのです。

 

今でこそ副業でWEBライターを始めたふじわらですが、弊社のような視野を狭めて成功していると錯覚させる、もっと強い言葉を使えば「洗脳」するような会社では副業は認められません。

 

一応「会社の許可なく、他社の業務などに従事してはならない」と書いてあるため全面禁止とは言えないのですが、到底認められなそうです。また自社に損害を与えていないことが条件だとかいちゃもんをつけられて、外部で書いた記事もすべて提出を求められてしまいそうです。そんなことはもっと嫌なので、私は副業ではなく退職する道を選びました。

 

これも会社という環境のおかしさに気づかなかったことが原因ですし、今でも気づけなかった可能性も高いと思っています。

 

罠③・ラットレースは意外にも楽だった

転職や独立をためらった最大の原因は「意外に楽だな。社畜だと認めてしまえば」という事実でした。いや、これも罠だと今は思えます。

 

40代になって、家族や住宅ローンが出てくると、年収が大きく下がることに対して強い恐怖が生まれます。当然です。会社が嫌で辞めたとして、子供がひもじい思いをすることは誰しも、もっと嫌なはずです。

 

死ぬほど働いていたころも、時間外手当はありませんでした。(これもブラックよりのグレーですよね)したがって残業をやめてもほとんど収入は変わりませんでした。壊れかけていた心身は、平常を取り戻し家族と一緒に夕飯を食べるというほぼ初めての経験もできました。

 

そのため、このくらい働き方がまともになったのだから、収入が多少下がったとしてもコストパフォーマンスは上がっていたのです。おやおや、ちょっと車輪の大きなラットレースに参加したような感覚です。車輪が前よりもうまく回る感じ。「これなら楽だ。これならいいな」と思い始めていたのです。

 

恐ろしい話です。ラットレースのラットが、車輪の性能がマシになったと喜ぶ姿。冷静になれば滑稽です。ただ、ラットレースの中にもコスパがいいものがあるのは事実です。そのことは否定しません。ただ、サラリーマン、しかも長年棲みついた環境の居心地で、ふじわらはラットレースからの脱出を誓う最大で最後のチャンスすら逃そうとしていました。

 

一度きりの人生を社畜で終わらせようとしていた

社畜だと気づいていなかった、若かりし頃のふじわら。今、答えが分かったうえで書くと、当時の自分を呪いたくもなります。

 

しかし、幹部候補だ、有望株だと持ち上げられていた時代がふじわらにもあったのです。そのときは社畜と気づくことはできなかったでしょうね。

 

今の勤務先には、ふじわらより若い幹部候補こと社畜が大勢います。彼らは目をキラキラさせて、大いなる罠に気付いていません。罠の存在を教えたとしても、いかに私がまちがっているかを声高に言うでしょう。そんなことに付き合ってはいられません。

 

社畜だったことに気づけたことで、私の人生は少しずつ変わり始めました。気づけたあとの苦悩もありますが、その苦悩にも巡り合えてよかったです。

 

ふじわらのような、40代まで会社で一生懸命やってきたのに、気づいたらアレ??という方、たくさんいるのではないでしょうか。優秀な20代はさっさと気づくのかもしれませんが、ゆでガエルはほぼ茹で上がってしまいました。

 

でも、まだ人生半分以上あります。みんなで、新しい人生を築いていきませんか。