フジワライター【社畜からフリーランス】

エリートサラリーマンのつもりが、社畜になっていたことを悟り、なんとか脱出。42歳専業ライターが自由に生きるためのTIPSを発信します

エリートサラリーマンのつもりが、社畜になっていたことを悟り、なんとか脱出。

42歳専業ライターが自由に生きるためのTIPSを発信します

「フリーランスの学校」で会得したのはメンタル

こんにちは、真の「フリー」を目指す、ふじわらいたーです。

 皆さんは「フリーランスの学校」をご存知ですか?

freelance-gakkou.com

 

 

フリーランスになりたいという人同士は今後ライバルになる可能性があるので、正直言うと私も多くの人に知らせるのは自分にとって得なのか、損なのかなどと考えたこともあります。

 

が、フリーランス人口がめちゃくちゃ増えてきた今、質の高いフリーランスが増えることは市場を作り増やしていくという点で重要なことだと思っています。

 

私、ふじわら自身ももっとスキルを磨き、視座を高めていきたい。そのために切磋琢磨する仲間が増えたらいいと、考えるようになりました。

 

フリーランスの学校とは

フリーランスの学校」 は2021年5月に開校された、フリーランスになって活躍したいという人のためのゼロからの講座です。

【無料】6,000人以上が参加中!フリーランスの学校の入学はこちら【1分で完了】 - フリーランスの学校

上記のリンクでも紹介しましたが、6,000名以上がフリーランスになるための勉強をしているのです。私も5月27日に入学しましたが、そのときは「3000人以上が~」と言っていた記憶があります。つまり2か月で倍増…!すごい…!

 

フリーランスとして、活動するためのノウハウが詰まった動画が30本以上無料で見られるというのがメリット。無料です。有料級の情報もちょいちょい挟まっていて、有益です。

 

<無料動画タイトルの例>

…など、主にSNSやブログなどを使っていかに収益を上げるかという内容になっています。私、ふじわらにはドハマり、ピッタリの内容なんです。

 

しかも動画の視聴期限は30日間という、デッドラインが付いているので学生時代のように貰うだけ貰っておいてろくに使用しないということがやりづらくなっているのです。こうした工夫大事ですよね。

 

どんな人におすすめ?

私のように、フリーランスになりたい、自分一人の力で会社に頼らない生き方を切り拓きたいという人には、特に「フリーランスの学校」受講をおすすめしたいです。

 

フリーランスに憧れるということは、会社員人生となんとかおさらばしたいと思っていることに他なりません。では最大の足かせはなんでしょう。

 

1つにしぼれば「安定した収入」ですよね。私のように勤続20年近い、普通の40代サラリーマンはそれなりのお給料をもらっているはずです。それなり、には幅がありますが、まあ便宜上、600~1200万円としておきましょう。

 

12か月で割ると、50~100万円になりますがサラリーマンにはボーナスなど偏重もあるので次々の月収はもっと少なく、そこから住民税、所得税社会保障らが抜かれるので可処分所得としては半分くらいでしょうか。子供もいればもっと圧迫されます。

 

そのなかで、なんの収入のあてもない、最低保障もないフリーランスなんて、慣れるわけがない。いや、少なくとも私は憧れたまま終わるのかななどと思っていました。

 

実際、妻も「次の転職先で今より給料が下がるのはしかたない。でも収入を途絶えさせるわけにはいかないから、次を決めてから退職してね」という感じで、フリーランスなど露ほども思っていなかったようです。

 

サラリーマンとフリーランスのリスク比較

 結論、「フリーランスの学校」を主宰しているしゅうへいさんの教えで一番私に響いたのは、一歩踏み出してフリーランスになることを恐れるメンタルブロックをどう外すかというものでした。

 

詳しくは講座を聞いていただいた方がいいと思いますが、しゅうへいさんの言っていた趣旨は以下のようなものでした。

  • サラリーマンがリスクないなんて嘘、終身雇用はすでに壊れている
  • フリーランスならせいぜい月20~30万円程度という前提が違う、上限は外せる
  •  確かにフリーランスはなんでも自分でやる必要がある。
  • でも「収入の蛇口」が1つしかないサラリーマンより、いくつもあるフリーランスのほうがよほどリスクヘッジが効いている
  • 日本のサラリーマンの年収は先進国では唯一20年前と比較して下がっている。今後もよくなる見込みは高くない

しゅうへいさんや、一緒に講師をしているイケハヤさんらはvoicyでこうした話を毎日のように繰り返し発信しています。

 

それらの情報に触れていると、徐々に今まで何を恐れていたのかな‥という気持ちになれたのです。少しずつ、自分自身で自分の足かせになっていたところが変わっていたのですね。

 

妻への説得力が変わった!

そのおかげで妻への言い方も変わりました。以前は、妻に「まずは次の収入源である転職先を見つけて」と言われて「まあそうだよなあ」などと思っていたのですが、「軌道に乗るまでは多少苦労をかけるかもしれないが、自立した仕事、暮らしを実現する。フリーランスになって自分自身のコンテンツも作っていくんだ」という話をしました。

 

意外に妻の反応も変わり、「じゃあ、私はどんなスキルを身につけたらいいのかな。文章は書けないけど、WEBデザイン?」とか言うのには驚きました。

 

さすが私の妻!などとのろけるつもりはないのですが、どうしたら早く豊かなフリーランスになれるかというように発想が変わっていますよね。

 

我が家の方向性が大きく動き始めました。

 

とはいえ、まだまだ勉強中ですし、こうして独自ブログも始めたばかり。11月以降、メインの会社員収入の蛇口が閉ざされたあとの実入りを考えると、全然足りません。

 

残り会社員の保証がある3か月を上手く使って、フリーランススタートダッシュできるようにがんばります。

 

これを読んでくださっている、フリーランスになりたいという方もぜひフリーランスの学校で基礎を学んでみてはいかがでしょうか。

 

freelance-gakkou.com